システムチューニング・性能対策

トップページ > ITサービス > チューニング・性能対策

株式会社キオラは、深い経験に基づいた技術を駆使し、広い視野にてお客様の希望を理解し、洗練されたシステムをお客様へご提供いたします。



システムチューニング

3階層システムにおけるシステムチューニング

 業務システムに最も多い「3階層システム」(webサーバ・apサーバ・dbサーバ)のチューニングを行います。
基盤~ネットワーク~ミドルウェアまで精通しているからこそ、全体システムチューニングが可能です。

サーバー性能、ネットワーク性能、DB性能、アプリ性能、現在の業務システムにおいて最も大切なのは各性能バランスです。  サーバーだけ性能が良くてもシステム全体としては、レスポンス遅延や最悪はシステム障害に発展します。

現在のように多様化したOS、DB、言語では一貫した設計を行えるエンジニアが少なくなりました。
キオラのエンジニアは各システムの特性を理解し正しいパラメータを与えることが可能です。

性能対策

・性能対策/高負荷対策

 キオラの性能対策は基本に基づいて進めます。

①レスポンス試験、各業務処理のレスポンスを確認します。(単体処理時間計測)
②同様にレスポンス試験中の各サーバのCPU、MEMORY、プロセス、ネットワークの状況をモニタリングします。
③単体処理時間計測においての目標レスポンスに届かない場合はボトルネックポイントを探します。
④ボトルネックの発見方法は様々ですが、サーバ内ログ、アプリログ、DBログ、ネットワークログ・・・答えはどこかに潜んでいます。
⑤単体処理のレスポンス試験にクリアすると並列処理試験(高負荷試験)を行います。
⑥性能対策の中でも最も難しい分野です。単体処理中のサーバーの状況をベースにして並列処理を行った場合のボトルネックを発見します。

言葉に書くのは簡単ですが実際の開発現場でボトルネックの発見は非常に難しくかなりの経験を要します。

性能対策は全て、仮定と証明に基づき進められます。
ボトルネック内容対策
CPUCPU負荷
CPUのUsageの波形から正しくCPUを割り当てられているか
カーネルパラメータ、ユーザパラメータ、処理(PG)の見直し
メモリメモリ負荷
メモリUsageから正しくメモリを使用できているか
カーネルパラメータ、ユーザパラメータ、処理(PG)の見直し
DiskI/O負荷
処理中にswap out等が発生していないか
カーネルパラメータ、ユーザパラメータ、処理(PG)の見直し
ネットワークN/W負荷
ネットワーク帯域に問題はないか
カーネルパラメータ、ユーザパラメータ、N/Wの見直し
ネットワークCPU負荷・N/W負荷
スレッド・セッション数は設計通りか
カーネルパラメータ、ユーザパラメータ
データベースCPU負荷
クエリの返答は正常値内か
クエリの見直し、インデックス追加等
データベースCPU負荷・I/O負荷
データは正しく更新されるか
排他処理の見直し、クエリ見直し

これらの複雑な連携関係を理解し正しい対策を行わないと高性能は得られません。

キオラだからこそできるチューニングの真髄はシステム(各機器)を正しく使用する。というなんでもない当たり前のことです。




その他のコンテンツ

 >>> 株式会社キオラとは? ⇒ 会社情報を見る

 >>> お仕事のご依頼は? ⇒ 事業内容を見る

 >>> キオラで一緒に働きませんか? ⇒ 採用情報を見る

 >>> 当社へのお問い合わせはコチラ ⇒ お問い合わせ

 >>> 平成27年度版会社案内はコチラ ⇒ 会社案内を見る

  株式会社キオラ

当社は横浜(神奈川県)に本社を置く、常駐及び一括請負を共に行っているITのシステム開発会社です。
システム設計、基盤構築、NotesDominoの設計開発構築を主に行っており、日本最大級Dominoシステムの管理者を長年経験した 技術者も在籍しております。



ADOBE READER
Get Adobe Reader®

ADOBE Shockwave
Get Adobe Shockwave® Player

ADOBE Flash
Get Adobe Flash® Player